外回りのリフォーム工事について

住まいの外壁や屋根は、目には見えなくとも時間と共に劣化しています。そのまま何の対応もせずに放置しておくと、内部に水が浸入しやすくなり、最悪の場合は構造部分の腐食を招きかねません。手遅れになる前に、早めに処置を施すようにしましょう。当社の塗装工事では、外壁や屋根本来の役割を取り戻せるような施工に努めております。では、外壁や屋根本来の役割を取り戻せるような施工に努めております。

外壁塗装・外壁工事 リフォームのポイント

岡山 外壁塗装

遮熱・断熱効果のある材料・塗料を採用すると、暖房費やメンテナンスコストが節約でき、トータルコストを抑えることができる場合があります。

外壁のメンテナンスサイクルは平均5~10年程度ですが、耐久性の高い材料を採用するとそのサイクルを延ばすことができます。

足場をかける費用がかかるので、屋根のメンテナンス時期も近いようなら、一緒にリフォームするのが良いでしょう。

代表的な外壁材としては、耐震性や防耐火性に優れいている窯業系(ようぎょうけい)サイディングがあります。窯業系サイディング材とはセメント系材料に繊維質系の材料を混ぜることで、軽いながらも強度をもった外壁材です。

他の外壁材に比べて、施工の簡易さ(工期の短さ)が特徴で、レンガ・タイル調や木目調など、多種多様な種類もあることで最近人気の外壁材となっています。

屋根のリフォーム工事のポイント

岡山 屋根 雨漏り 工事

遮熱・断熱効果のある材料・塗料を採用すると、暖房費やメンテナンスコストが節約でき、トータルコストを抑えることができる場合があります。

屋根断熱を施すことにより、屋根裏やロフトスペースが夏でも快適になり、有効生活面積を増やすこともできます。

足場をかける費用がかかるので、外壁のメンテナンス時期も近いようなら、一緒にリフォームするのが良いでしょう。

外構・エクステリアのリフォームのポイント

玄関やアプローチ周りの植栽・造園も併せてお願いすると、別々にお願いするよりも割安に済ませることができます。

塀や玄関アプローチなどの外構工事をされる際には、ちょっとした草花・木々を配置するだけで、グッと印象がよくなります。

駐車場・ガレージのリフォームのポイント

ガレージ

駐車場には「カースペース:屋根がない車を置くだけの場所」、「ガレージ・車庫:車を入れる建物(柱と梁、壁、屋根から構成。シャッターや門扉がある場合も。)」「カーポート:屋根と軽量鉄骨の柱から構成。壁はなし。」などさまざまな種類があります。

気をつけなくてはいけないのは、屋根のある駐車場は、「建築物」扱いとなるため、建築確認申請が必要で、建ぺい率や容積率に余裕がないとつくることができません。

建ぺい率や容積率、法規制については、地域や敷地、ガレージの形、構造で条件は変わってきます。地元の法規制に詳しく、構造の安全性についての知識があり、エクステリアのデザインに精通した、経験豊富なリフォーム会社を選ぶとよいでしょう。

お気軽にお問い合わせください。0120-836-180受付時間 9:00 - 22:00 [ 365日お気軽に! ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。

ショールームに一緒に出かけてみませんか!

興味はあるけど、
なかなか敷居が高くて行けない・・・

と思われてる方も多いようなのですが
「すごく楽しかった」と
好評いただいています。

その好評の理由は・・・