コンクリートに散布するだけで止水・防水ができる防水工法があることを、ご存知ですか?

NETIS 登録№ CB-180026-A

こんな事で、お困りでないですか?

▼部分的な雨漏り止めるために大がかりな工事になる

▼雨漏りの原因が特定できない

▼マンションなどでの工事は入居者への負担が大きい

▼部分的な雨漏りを止めるために大がかりな工事になる

屋上からの雨漏りで下の一部屋が雨漏りをしているような場合は、屋上すべての防水をやり直す必要がある場合があります。

既存防水の撤去処分、屋上設置物の移設や撤去、場合によっては足場設置など、一部屋の雨漏りを止めるためにコストをかけて大がかりな工事になります。

「NEXT防水工法・浸透性止水・防水材」であれば、部分施工が可能なため大がかりな工事が必要なくなります。

既存防水の撤去、屋上設置物の移設や撤去なども最低限、もしくは不要で施工ができるため大幅にコストダウンすることができます。

▼雨漏りの原因が特定できない

屋上防水の上に「押さえコンクリート」がある場合。

そもそも、防水層が押さえコンクリートのしたにあるので、防水の傷んだ部分が見えない。

傷んだ防水部分から侵入した水が、さらにコンクリートのひび割れ(水路)を通り下の階に雨漏りをしています。

このような場合、屋上面からの雨漏りの原因を特定することはできません。

また、漏水している側から雨漏り個所を特定するにしても、天井を解体する必要があります。

「NEXT防水工法・浸透性止水・防水材」は、雨水と一緒に漏水箇所にコンクリートのひび割れ部分(水路)に届けば、そこで反応して止水できます。

すなわち、漏水している部分の直上周辺に「NEXT防水工法・浸透性止水・防水材」を散布すれば、雨水と一緒にひび割れ部分(水路)に到達して、止水することが十分に可能です。

▼マンションなどでの工事は入居者への負担が大きい

マンションなど入居者がいるような場合

・工事中の廊下の通行規制をしなくてはいけない

・バルコニーなどの工事は入居者宅内を作業員が何度も通らなければいけないなど、工事に際して、入居者との日程調整や、工事中の入居者の通航制限など負担が大きくなります。

「NEXT防水工法・浸透性止水・防水材」での施工をする場合。

『共用廊下』

止水・防水施工は数時間で完了します。

また、工事が完了すれば、すぐに通行することができます。

『バルコニー』

バルコニーも同様に数時間で止水・防水施工は完了します。

大がかりな道具は必要なく、入居者宅内の通行は最低限で済みます。

ポイント

このように、止水・防水工事の負担が少なくなり

「大幅なコストダウン」

「大幅な工期短縮」

することが可能となります。

圧倒的な防水力【施工事例】

圧倒的な防水力

圧倒的な止水力でコンクリートを防水します。

「NEXT防水工法・浸透性止水・防水材」をコンクリートに塗布し、コンクリートに発生する水路や内在する空隙を塞いで、コンクリートそのものを「厚い防水層」に改質します。

新築自走式駐車場スロープ防水

▶新築の自走式駐車場スロープ

▶926㎡

シート防水が劣化して雨漏りをしている屋上止水・防水①

▶シート防水が浮いて下階2部屋で雨漏り

▶既存の防水シートをすべて撤去(接着剤も除去)

▶コンクリート浸透性「NEXT防水工法・浸透性止水・防水材」を塗布

▶パラペット立上り部分は、コンクリートの打ち継ぎ部分ですのでウレタン塗膜防水処理

▶再漏水なし

▶15年9ヶ月経過(2021年1月現在)

シート防水が劣化して雨漏りをしている屋上止水・防水②

▶シート防水が浮いて下階1部屋で雨漏り

▶既存の防水シートをすべて撤去(接着剤も除去)

▶コンクリート浸透性「NEXT防水工法・浸透性止水・防水材」を塗布

▶塩ビ配管の周囲は高耐候ウレタンシール処理

▶再漏水なし

▶16年3ヶ月経過(2021年1月現在)

40年前のコンクリートを止水・防水

▶自走式屋上駐車場 雨漏り止水・防水工事

▶11ヶ所から雨漏り

▶コンクリート浸透性「NEXT防水工法・浸透性止水・防水材」を塗布

▶再漏水なし

▶4年11ヶ月経過(2021年1月現在)

強風で防水シートがすべて飛んでしまった屋上の防水

▶強風で防水シートがすべて飛んでいき、防水層がない状態

▶ひび割れの部分補修をしても、雨漏りが止まらない

▶コンクリート浸透性「NEXT防水工法・浸透性止水・防水材」を塗布し防水完了

▶再漏水なし

▶13年3ヶ月経過(2021年1月現在)

自走式立体駐車場防水工事(改修工事)

▶マンション改修工事に伴う自走式立体駐車場の防水工事

▶8年経過(2021年1月現在)

〇工事が完了したエリアからすぐに開放できます。

〇即日車両や歩行者が通行できます。

〇車両移動などの負担が大幅に軽減できます。

ショッピングモール屋上駐車場防水(改修工事)

▶神戸市 キャンパススクエア(ショッピングモール)

▶屋上駐車場防水

▶5400㎡

〇駐車場を閉鎖することなく、お客の帰った夜間に防水工事が完了します。

〇店舗を休業させなくても、閉店時間内に防水工事が完了します。

公共物件 山口県長門市地域福祉センター屋上防水改修工事

▶長門市地域福祉センター

▶雨漏りをしている個所をNEXT防水工法・浸透性止水・防水材で止水し、その後全面防水

▶防水面の仕上に水性の簡易防水塗料を塗布し完了

▶10年間の防水保証

太陽光設置パネル設置後でも防水改修工事が可能

▶マンションの屋上に太陽光発電パネルを設置後の防水工事は非常に困難

▶既存防水/アスファルト防水+保護コンクリート仕上

▶防水改修/コンクリート浸透性「 NEXT防水工法・浸透性止水・防水材 」塗布

▶保護コンクリートの目地から「NEXT防水工法・浸透性止水・防水材」を注入

▶保護コンクリートの表面に「 NEXT防水工法・浸透性止水・防水材 」を塗布

▶NEXT防水工法・浸透性止水・防水材による防水工事完了後に太陽光パネルを設置

▶15年以後の防水改修工事の際も、コンクリート浸透性「NEXT防水工法・浸透性止水・防水材」による防水工事が可能

カーディーラー新築立体駐車場屋上防水

▶名古屋市 カーディーラー新築立体駐車場防水工事

▶施工面積1,400㎡

静岡県立総合病院新築立体駐車場防水工事

▶県立総合病院新築立体駐車場防水工事

▶2095㎡

▶2年4ヶ月経過(2021年1月現在)

圧倒的な止水【施工事例】

圧倒的な止水力

圧倒的な止水力で雨漏りを止めます。

NEXT防水工法・浸透性止水・防水材がコンクリートに深く浸透し、コンクリート中の「水酸化カルシウム」と反応します。

反応でできた「ケイ酸カルシウム」が微細な水路(クラック)や空隙を塞いで止水が完了します。

緊急止水および防水工事(三島スカイウォーク休憩所)

▶三島スカイウォーク休憩所

▶雨が降ると内装作業ができないくらいの雨漏りがあり、緊急止水作業

▶コンクリート浸透性「NEXT防水工法・浸透性止水・防水材」を塗布

▶雨漏りが100%止水完了

▶設計時ウレタン防水仕様→NEXT防水工法へ変更

▶太陽光発電パネルを直置き

▶10年間の防水保証

▶6年4ヶ月経過(2021年1月現在)

保護コンクリートのある屋上からの漏水

▶保護コンクリートがある屋上からの漏水

▶2ヶ所の雨漏りがあり授業に差支えがあり困っていた

▶雨漏り個所の直上辺りの保護コンクリートの目地から「NEXT防水工法・浸透性止水・防水材」を注入→止水完了

▶再漏水なし

▶10年経過(2021年1月現在)

共用部80ヶ所から漏水している市営団地の止水・防水

▶市営住宅共用部・外部階段床コンクリート80ヶ所から漏水

▶幅2~3㎜のひび割れが多くあるが、モルタル等によるひび割れ補修なし

▶コンクリート浸透性「NEXT防水工法・浸透性止水・防水材」を塗布して止水・防水完了

▶再漏水なし

▶5年4ヶ月経過(2021年1月現在)

〇共用部など「NEXT防水工法・浸透性止水・防水材」を塗布後はすぐに歩行が可能です。

〇1軒分のバルコニー防水工事は約1時間。

〇入居者の負担を大幅に軽減することができます。

新築引き渡し直前の犬走りひび割れからの漏水の止水

▶JR東日本施設新築引き渡し直前に犬走りのひび割れから地下室へ漏水

▶犬走り表面にひび割れ(クラック)が発生

▶コンクリート浸透性「NEXT防水工法・浸透性止水・防水材」を塗布し止水完了

▶再漏水なし

▶10年5ヶ月経過(2021年1月現在)

タイル貼り床面の止水・防水工事

▶タイル貼り仕上の床面でも「NEXT防水工法・浸透性止水・防水材」であれば止水・防水可能

▶最終工程として散水洗浄をしっかり行うことで、タイル面の白化を防止可能

▶漏水なく7年3ヶ月経過(2021年1月現在)

マンションバルコニーひび割れから下階への漏水を止水

▶エアコン室外機の水が、バルコニーの床のひび割れに入りこみ下階に水漏れ

▶コンクリート浸透性「NEXT防水工法・浸透性止水・防水材」をひび割れに注入し止水完了

▶バルコニーの表面をデッキブラシを使用し水洗

▶水張り試験をして確認

マンション外壁のひび割れからの漏水

▶マンションの外壁開口部のひび割れから漏水

▶「NEXT防水工法・浸透性止水・防水材」をひび割れ部分に低圧注入して止水完了

▶再漏水なし

▶16年4ヶ月経過(2021年1月現在)

コンクリート地下室からの湧き水

▶地下室の床に常に2~3㎝の地下水がたまる

▶たまり水を水中ポンプで排出後、「NEXT防水工法・浸透性止水・防水材」を投入→3週間ほどで止水完了

▶再漏水なし

▶4年5ヶ月経過(2021年1月現在)

漏水している側からの止水作業

▶天井面からひび割れ(クラック)に沿って漏水している

▶ひび割れに沿って養生テープをしっかり貼りつける

▶注射器で「NEXT防水工法・浸透性止水・防水材」を注入

▶10分後「セメント系グラウト材」を注入して止水完了

お気軽にお問い合わせください。0120-836-180受付時間 9:00 – 22:00 [ 365日お気軽に! ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。

ショールームに一緒に出かけてみませんか!

ショールーム
興味はあるけど、
なかなか敷居が高くて行けない・・・

と思われてる方も多いようなのですが
「すごく楽しかった」と
好評いただいています。

その好評の理由は・・・